UIデザイナー・椎葉智志のDNA | フルスイング - DeNA

DeNAの「人」と「働き方」の"今"を届ける。

PEOPLE

17.10.13

UIデザイナー・椎葉智志のDNA

個性的かつ唯一無二のDNAが集合したDeNA。

何といってもその魅力は人にあり!  

働くスタッフの業務内容からプライベートまで公開します。

 

椎葉 智志のDNA

所属:デザイン部

担当:UI・グラフィックデザイナー

・UIデザイナー。時々ゆるキャライラストレーター。

・社内クリエイティブもマルチに担当。

・仕事もプライベートもバランス良く!イクメンパパ。

 

ーー 経歴についてお聞かせください。

椎葉 智志(以下、椎葉):DeNAに入社する前は、コンシューマーゲームの開発会社で2DグラフィックデザイナーとしてゲームのUIやタイトルロゴ、パッケージやプロモーション関連のグラフィックをつくっていました。格闘ゲームの2Dグラフィック全般のディレクターをやりつつ、2010年頃からはロボット対戦ゲームの立ち上げにともない、UIデザインの試作およびタイトルロゴのデザインを担当しました。10年ほど勤務した後にDeNAに入社し、現在はゲーム内のイベントバナーやプロモーション系のグラフィック制作と、UIの開発もしています。現在携わっているタイトルは試作段階から関わっていて、さらに前はプラットフォーム事業本部にいました。

ーーDeNAに興味を持ったのはどのようなきっかけでしょうか?

椎葉:スマートフォン向けゲームの開発に興味を持つようになったからです。もともと手軽に遊べるゲームが好きだったので、これからは自分の興味のある方向でグラフィックなどを展開していきたいと考えるようになりました。DeNAを選んだのは、DeNAの強みがゲーム開発だけではなかったというところです。当時からあらゆるサービスを作っていたDeNAはシンプルに面白くて強そうな会社だなと思ってました。

ーーゲームUIのデザイナーの業務とあわせて、社内啓発のクリエイティブに携わられたきっかけはどのようなものでしょうか?

椎葉:コーポレートサイトのお手伝いもしていまして、そこでDeNAランニングや横浜DeNAベイスターズ関連の仕事にもちょこっとだけ携わっていました。その流れから偶々イラストを描く機会があり、それからちょくちょく描いています。

DeNAのロゴが変わったのと同じくらいのタイミングで、DeNA Quality (以下、DQ)という、社員が目指すべき・守るべき標語に添えるイラストが生まれました。『DQパスポート』という小冊子にも挿絵として使われました。

当初は自分が挿絵を担当する予定ではなかったのですが、パスポートをつくることが決まったときに「挿絵があるといいよね」って話になって。その場でノートを出して「どういった感じがいいですかね?」と話しながら描いていた落書きなんです。パスポートに書かれていることは真面目で堅い印象なので、イラストはゆるめがいいんじゃないかと言う意見が出て。その時に自分が描いたイラストを気に入ってもらえて、そのまま採用されました。

ーーUIデザインのやりがいを感じるのはどのような時ですか?

椎葉:プランナーやディレクターの「こうしたい!」という要望にたいして、意図通りのものがつくることができた時ですかね。例えば、筆文字のロゴがいいという要望があれば、実際に筆を使って習字をしたりもします。自分の中でこうしたいっていうのはそこまでなくて、誰かの希望を叶えると言うか、やりたいことを形にできた時に「あー良かった良かった」って思います。

ーー仕事上でやっていきたいことや携わりたいこと、理想のスタイルについてあればお聞かせください。

椎葉:今でもちょこちょこご依頼をいただいている、イラストを描くことは今後もやっていきたいですね。イラストを描くことをメインにしたいとは思いませんが、いい感じにバランスよくやり続けられたらと思います。

ーーDeNAのデザイン部で働く雰囲気はどのように感じますか?

椎葉:のびのびとしてるイメージです。個人がそれぞれちゃんとやってるからのびのびできてるんですよね。あと、発言がしやすい空気があるし、意見が通りやすい職場だと思います。

ーーお仕事は平均的に何時ごろまでされているのでしょうか?お仕事とプライベートの両立についてもお聞かせください。

椎葉:普段は遅くとも20時ごろまでには退勤するようにしてます。ゲーム内の新イベントや新規UI開発などがはじまると22時、23時ごろまで働く日が続くこともあります。あと、突発的な仕事がきたときもそうですね。プライベートの方は、今ちょうど8ヶ月になる息子がいまして、週末は妻と息子と3人でベビーカーもしくは抱っこ紐でなるべくどこかに出かけるようにしています。平日は毎朝、録画した教育テレビを息子と観るのが日課になっています。一日一日、表情や見た目が変わっていくので本当に楽しいです。見逃せないです(笑)。

ーーもしも、一ヶ月の長期休暇があったら、椎葉さんはどのように過ごしますか?

椎葉:一ヶ月……。一ヶ月もあればハワイにでも行きたいところですが……。息子がまだ小さいので無理ですね。とりあえず箱根か湯河原あたりの近場の温泉に家族3人で行きたいです。あ、あと横浜にある動物園に息子を連れて行きたいですね~。あそこにいるヤブイヌを見るのが僕大好きでして。ヤブイヌって縦に並んで移動する習性があるんですよ。それがものすごく見ていて面白いんですよね。それをぜひ息子に見せたい(笑)。あ、これは一ヶ月の長期休暇じゃなくてもできますね(笑)。

 

※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。
※ゲーム事業部で運営されていたオウンドメディア『GeNOM』で掲載した内容を転載しています。

 

DeNAでは一緒に働く仲間を募集しています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag

タグをすべて表示する